H&K MP5は、1960年代初頭・ドイツのヘッケラー&コッホ(H&K)社によって開発された現代を代表する近代的短機関銃(以下SMG)である。

 主に軍や警察組織の特殊部隊で運用されていることもあり、使用者の任務と用途に合わせた非常に多くのバリエーションを持つ。

 それまでのSMGは単純な構造のシンプルブローバック方式・オープンボルト撃発が主流で、命中精度はともかく「フルオートで拳銃弾をばら撒く」というコンセプトが基本だったが、MP5は同社のG3アサルトライフルと同様のローラー遅延式ブローバック(ローラーロッキング)機構が採用されている。

 この方式は構造が複雑になりコストの上昇にもつながった上、繊細な整備を必要としたが、ボルトを閉鎖した状態から撃発サイクルがスタートする、いわゆるクローズドボルト撃発となったこともあり、いままでの短機関銃と比して格段に高い命中精度を誇ることとなった。

 その命中精度は100m以内の近距離射撃であれば目標を正確に狙撃できる程と言われており、警察部隊では簡易狙撃銃として重宝されたり、対テロ作戦部隊などでは標準的な装備となっている。

 

 BOLT AIRSOFTは多種多様なバリエーションを持つMP5の中でもまず日本の警察でも使用されているいわゆる「J」仕様を第一弾として商品化。

 実物同様、アッパーレシーバーはメタルのプレス製、ロアフレームは高強度ナイロン樹脂製で出来ており、抜群の本体剛性を誇り、きしみとは無縁だ。

 そして本製品から初めて導入されたリコイルON/OFF機能は、コッキングハンドルをいっぱいまで引いてロックすることで、リコイルOFF、ONにする際はコッキングハンドルを解除することであの強烈なリコイルショック「B.R.S.S.」を体感できる。

 

 MP5ファンよ、待たせたな......。これぞ電動MP5の決定版だ!!

MP5J B.R.S.S.

¥43,800Price
  • SPEC

    材質: アルミニウム/ABSプラスチック、ナイロン、グラス・ファイバー、スチール

    シューティング・モード: セミ/フルオート

    マガジン装弾数: 200rnd 別売スペアマガジン:JPY2600

    全長: 550mm-695mm

    重量: 2720g

    ホップ・アップ機能: スライドレバー 可変

    ブローバック:  B.R.S.S. ON/OFF 切替機能

    初速: 85m/s

    バッテリー: Li-PO 7.4V 15C (Li-Po) まで

    Color: Black

    マーキング: HK刻印(日本仕様限定)

  • *この商品のHK刻印は、日本国内で加工されたものです。

  • 2016年末発売開始

  • 専用フラッシュハイダー付属。