フロント及びリアセクションを中心に新規金型パーツを多用して造り上げられたBOLT最新モデル。

セキトーとBOLTの共同開発により2019年春から更新された実績のあるMP5シリーズ専用のリコイルユニット”PEAKER BRSS”を搭載。コンパクトなボディ全体が震える撃ち心地満点のモデルです。また、スチールプレスされたアッパーフレームなど外観のリアルさや、BOLT MP5シリーズ共通のリコイルオミット機構も健在。

 

BEAST ETU 初搭載

通常の「セミ/フル」切り替えモードのみのスタンダードモデルと、「バースト」「リアルカウント」「プリコック」などの各種モードや機能を発動させることが可能。

 

H&K MP5は、1960年代初頭・ドイツのヘッケラー&コッホ(H&K)社によって開発された近代的短機関銃(以下SMG)の雄である。

各国のミリタリー及びローエンフォースメントの特殊部隊で運用されていることもあり、任務と用途に合わせて非常に多くのバリエーションを持ち、アフターマーケットのアクセサリーも多彩。

 誕生してから50年以上経過する今もなおMP5が現役であり続ける理由は、同社のG3アサルトライフルと同様のローラー遅延式ブローバック機構が採用されたことに拠る。この機構の採用は、ボルトを閉鎖した状態から撃発サイクルがスタートする、所謂「クローズドボルト撃発」構造になっ